トライアル1社目、提出しました。

1社目のトライアルの解答を提出しました。
前回のブログ投稿の際に、分量を明細書1件分と書きましたが、間違えてまして、指定箇所は全部で900words弱でした(失礼しました)。

今回のトライアルは試験期間が長かったので、時間的にはそれほどキツくありませんでした。
土日と、平日朝数時間と通勤時、会社の昼休憩30分での作業で、細切れになってしまうのを上手く段取りを考えながらやるしかないな、という感じでした。

内容的には、1か所しかコメントすることが見つからず、ところどころ置換屋になっているな、と思いながらの作業でした。

対訳があると日本語の表現を調べるときに参考にできる点でありがたさを身に沁みました。
トライアルの振り返り後に、CVの内容を充実させるために対訳取りに注力しようと思います。
あとは、並行してトライアルレビューを見まくろうと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。