化学と半導体

最近は、フルオロポリマーの明細書読むシリーズを再視聴してます。
どの程度まで深堀するか、主にどのように検索するかに注力してみています。
ビデオ見ながら、ビデオで言われた資料を印刷して、図と解説をコピペしてと気づきや疑問点も一緒にワードにまとめ、数日分がたまったらノートに切り貼りしています。
材料系だけど図はなるべく描いた方がいいですね。
自分で手を動かして図解すると、若干整理されるような気が。

会社で読む自社の明細書の場合は、ほぼすべての用語を理解できているので、読みながら頭にイメージしながら読めるのですが。行間を想像しながら読めるんですね。
文章の前後の背景が分かっているので、言葉足らずでも問題なくスッと理解できます。
が、中間処理で他社の引例を読むときには、若干行間読み能力が落ちる気がします。使っている用語もちょっとづつ違うし。でも一応は推測を働かせながら読み進められますし、流し読みをして必要な箇所も大体すぐわかります。

ところが、フルオロポリマーの場合は、まったく同じようにはいかず(当たり前だって)。今やっている明細書をとにかく深くやりこんで、自社の特許公報を読んでいるレベルに近づけるようにしたいです。

でも、時間もないし、期限を決めねば。
お盆前までに終わらせるぞ!

前回のトライアルの医薬品ですが、明細書にラットの写真とか載っていて気持ち悪かったし、病気名なども出てきて暗くなりました。あまりやりたくないかも。

で、思ったのが、半導体、化学材料(工業系)、電子部品など若干機械より工業よりの方が、会社で培っている(?)知識も使えるし、いいかな。半導体関連の特許って日本企業がたくさん出しているイメージがあります。あまり英日の仕事ってないのかな?という印象です。日英なら仕事がたくさんありそうですが、今の私の実力では全く無理な気が・・・。

会社でも材料系に進出するのだかしないのか?もう少しフルオロ露天掘りして化学知識、物理基礎知識も増強して行こうと思います。
フルオロから派生して他にも広げるべく、まずはフルオロ攻略せねば。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。